Google+/" rel="publisher" />
戴氏心意拳
ホーム > 戴氏心意拳

戴氏心意拳

戴氏心意拳とは

中国山西省の伝統武術、足の速さと爆発勁の強い武術で引進など柔の技法も多く、
丹田功は健康法としてもずば抜けている。心と身体を両面から鍛えることの出来る武術。
 
現在、六代目伝人王喜成老師の教授内容としては
基本を段階を踏んで正しく練習していく方法を
とっている。
 

出会い

戴氏心意拳との出会いは数年前、当会のある会員さんが大阪に毎年のように「ある武術の講習会に参加するので会の練習を休みます」と言われいろいろあるのだなと気にもとめないで流していたあるとき、その武術の面白さがわかって来た!
としきりに話すので、どんなものか聞かせてくださいよと、近くのファミレスでいろいろお話を聞かせてもらったのがきっかけだったと思います。

見せてもらった所、「なんとも格好のよくないものですね」と思わず言ってしまったものだった。
その形が丹田功(たんでんこう)と言われこの戴氏心意拳の極意とも言える形であり発勁動作であった。

丹田功

この動作は私の練習している馬貴派八卦掌とも似ているそして更に楊式太極拳などにも似ている。最初はそう漠然と思ったものだったが、後々似ているではなく核心部分が(私の考えでは)同じものだとおもった。

それは何か、発勁動作と蓄勁動作。
戴氏心意拳は丹田功という一つの動作が蓄と発の動作である。
他の武術も当然この蓄と発はある、ここで戴氏のすごい所は爆発勁も同時に行う
ことである。
まあ、武術なのだから上記のシステムがあるのは当たり前なのだけど、私が今まで出会った中国武術ではここまでシステム化されたものは無かったので少々驚いたのだ。
当然、習いたての方はゆっくりした動作で行うのだがかなり早い段階から爆発勁(爆発呼吸)を行う。

馬貴派八卦掌は打法であるこの呼吸法を教えない可能性があり、当会の楊式太極拳は東京支部に限り厳しい審査の上習うことが出来る。
しかし、戴氏心意拳はこれが基本動作である。
最初から爆発勁の詳しいやり方を教えているわけではないが丹田功を練習していると分かる人が多いようだ。
個人的にはこんなに早い段階から爆発勁を練習してもいいものかと最初は思ったが、
講習会などでは初めての方にも少しずつだが爆発させるような練習をさせている。

大きな健康効果と護身術としての武術

では健康にはいいのだろうか?
丹田功は名前の通り、丹田を動かします。
血流を良くし身体の筋を伸ばします。
これは何を意味するのかというと、筋を伸ばした部分に血を多く行き渡らせて、
身体を強健にしていきます。
この考え方は易筋経の考え方と似ています。
そして、虎歩でこれを行えば少しの練習ですぐ身体が暖かくなってきます。
 
護身術としては武術なのだから使えて当たり前ですが
技の部分だけではなく”心”の部分へのメソッドへもあり恐怖に打ち勝つ方法を
鍛えていくものです。

ここまで丹田に気を使った練習をする武術は公開されているものではこの戴氏心意拳だけではないでしょうか。
戴氏心意拳は健康効果も非常に高い武術なのです。

すべてがそろった武術

この戴氏心意拳の驚いた所としては、体系がすべてそろっている。
型があり武器が有り、この中国武術で練習すべき材料が欠けることなく現在において尚も存在することです。

現在、当会においては習えることは一部ではあります。
しかし今後習えることは増えていくことでしょう。
教えられた練功を正しく練習することできちんと上に上ることが出来、余計な試行錯誤をして、余計な時間を使うことなく、武術が身についていく。
当たり前のようなことだが、現在なかなかこの様な流派は見当たらない。
当然ではあるが、そこに努力の時間も関係してくる。
言っておかねばならないのは試行錯誤が悪いわけではない。
試行錯誤を全くしないのも問題があるわけだが…
しかし、試行錯誤とはイコール成功ではない、何十年もやって失敗する可能性も
出てくる。
しかし、先人の練習方法を正しく習うことが出来ればまず間違いは無く成功への
近道となる。
習えると言うことは大事なことなのです。

私ごときでもこの戴氏心意拳に出会えたことで、私がこれまで練習してきた武術も大きく前進し更に武功を深めることができたように思います。

このすばらしい武術のきっかけを与えてくださった水上先輩と中国の老師たちを東京に招聘してくださったH先生に感謝いたします。
そして何より王映海師父と王喜成老師に感謝いたします。